テント倉庫は『税制優遇』対象!即時償却と10%の税額控除とは!?

お役立ち情報

皆様こんにちは。テント倉庫メーカーです。国の政策に敏感な方は、すでにご存知の方も多いと思いますが、中小企業庁の制度で、施工・設置込60万円以上のテント倉庫やテント建築物 ・ アーケード ・オーニング ・テント倉庫類 ・日除け ・間仕切カーテン ・シートシャッター などの設備投資で 「即時償却」または「10%税額控除」の税制優遇を受けられます。

その制度について、以下にわかりやすくまとめました。テント倉庫の建築やその他テント建築物をお考えの方は、ぜひ活用してください!

  • 中小企業者の『攻めの投資』を後押しするため、中小企業投資促進税制の 上乗せ措置(即時償却等)を改組し、中小企業経営強化税制を創設。
  • 対象設備を拡充し、建物附属設備を追加。

(経済産業省)

指定期間平成29年4月1日から令和3年3月31日まで
税制、類型中小企業経営強化税制
生産性向上設備(A類型)
税制優遇措置即時償却または10%税額控除
(資本金3,000万円超の法人は7%)
要件経営強化法の認定
生産性が旧モデル比年平均1%以上改善する設備
対象設備建物附属設備
・アーケード
・オーニング
・テント倉庫類
・日除け
・間仕切カーテン
・シートシャッター
(60万円以上/ここ14年以内に発売されたもの)

対象となる設備例

テント倉庫をはじめとして、私たちに身近なさまざまな設備が対象設備となります。

ゴルフ場カートヤード

ゴルフ場カートヤード

雨・日差しからカートを守ります。広さ00㎡ほど。傘を広げたような設計で、曲線がユニークなデザインのテントです。

店舗日除けテント、遮光メッシュ

店舗日除けテント、遮光メッシュ

日差しが強いときや雨天時に引き出して使える店舗用テントです。直射日光から商品を守り、室内温度の上昇を防ぎます。

商業施設通路テント

商業施設通路テント

お客さんが駐車場から店舗に入るまでのルートに設置したテントです。ショッピングモールなどでよく利用されます。

店舗日除けテント

店舗日除けテント

窓際の席に直射日光が当たるのを防ぎます。店舗のイメージに合わせて、シートの色をお選びいただけます。

店舗入り口デザインテント

店舗入り口デザインテント

外観のイメージを損なわない、かわいい形の店舗用テントです。ひさしとして使われています。

工場屋外休憩、喫煙所

工場屋外休憩、喫煙所

休憩スペースとして使われている簡易テントです。通気性がいいので、喫煙所にも適しています。

車庫妻面出入口

車庫妻面出入口

シャッターがあった部分にシートを張り、両開き扉に変更しました。

工場一時保管場所

工場一時保管場所

届いた荷物を一時的に置いておくためのテント屋根です。使用しないときは畳んで収納できます。

油圧開閉式処理槽カバーテント

油圧開閉式処理槽カバーテント

油圧で開閉する処理槽用のカバーテントです。防臭素材を使用しています。

休憩ベンチ日除けテント

休憩ベンチ日除けテント

ベンチで休む方のために、日よけ用のテントを設置しました。雨の日も活躍します。

キュービクル遮熱メッシュ

キュービクル遮熱メッシュ

変電設備が高温にならないよう、遮熱メッシュを取り付けました。骨組みを直接キュービクルに取り付けています。

コンプレッサー日除けメッシュ

コンプレッサー日除けメッシュ

コンプレッサーに日が当たらないよう、ひさしからシートを下げました。使用したのはシートのみですので安価です。

即時償却と税額控除について

即時償却とは!?

通常、1基1台30万円以上の設備投資をした場合には、原則、減価償却対象資産として 有形固定資産に資産計上し、定められた耐用年数に応じて減価償却をすることで長期間にわたって経費化することになります。

『即時償却』とは、設備投資を行った事業年度で、その投資額(取得価額)の 全額を償却することが選択可能です。
長期にわたる経費処理が、取得した期に全額を処理することができるため、経費の前倒し処理ができるということです。

税額控除とは!?

設備投資を行い、事業の用に供した事業年度に適用されます。税額控除限度額は、基準取得価額の10%(資本金3000万円超の法人は7%)相当額です。

ただし、その税額控除限度額がその事業年度の法人税額の20%を超える場合には、 控除を受ける金額は、その20%相当額が限度となります。

税額控除限度額がその事業年度の法人税額の20%相当額を超えるために、その事業年度で税額控除限度額の全部を控除しきれなかった場合には、その控除しきれなかった金額を1年間繰越すことが認められます。

法人税だけではなく、法人市県民税にも税額控除の効果が反映されます。通常の減価償却も行うこととなるため、耐用年数に応じた減価償却費を、当期の経費として計上できます。

手続きの流れ

結構な手間がかかりそうですが、安心してください。

テント倉庫メーカーは申請書類作成のお手伝いもいたします!

テント倉庫メーカーでは、専任のサポート担当者が税制優遇の申請書類を作成するお手伝いさせていただきますので、安心してご相談ください。

相談は無料です

テント倉庫メーカーでは、テント倉庫建設に関する無料相談窓口を設置しております。「テント倉庫の税制優遇の制度、よくわからないけど、興味がある!」そんな方は、まずはお気軽にご相談ください。実際にテント倉庫を建築した場合の税制優遇のシュミレーションなども無料で行います。まずは、お気軽にご相談くださいませ。

お電話の場合は、下記お電話番号におかけください
TEL:058-227-3945 (月~金 9:00-17:00)

メールフォームでのお問い合わせはこちらから御願致します。