円弧型テント倉庫

円弧型テント倉庫をお考えの方へ

円弧型テント倉庫の、屋根の形による特徴

円弧型テント

円弧屋根とは、その名の通り屋根の形状が円弧になっているもののことです。円弧型テント倉庫は近未来的で、スタイリッシュな外観が特徴です。 桁上(軒より上の部分)の寸法を大きく取れない場合や、テント倉庫の高さをを最小限に留めたい場合に有効です。

メリット

  • 円弧型なので屋根への圧力が均等にかかり、つぶれにくい
  • 強風時に風が逃げやすいので倒れにくい
  • 屋根部分のシートへの負荷が均等なので破れにくい
  • 高さを抑えられる
  • 空調の効率が良い

デメリット

  • テント倉庫内に風が吹き込むと吹き上げられやすい
  • ややマイナーな形なので、場合によっては割高
  • 屋根の一部が破れると大きく広がりやすい
  • シートキャップ加工時に、他の形と比べて大きめに補修が必要
  • 天井全体に結露しやすい

どんな時におすすめ?

  • 高さの低いテント倉庫を建てたい
  • 強風に耐えられるテント倉庫を建てたい
  • テント倉庫内の温度管理をしっかりしたい