切妻型テント倉庫

切妻型テント倉庫をお考えの方へ

切妻型テント倉庫の、屋根の形による特徴

切妻型テント

切妻屋根とは、同じ長さ・同じ角度の屋根が三角形につけられた最もスタンダードな形状の屋根です。テント倉庫メーカーで扱うテント倉庫の約8割が切妻屋根です。 上屋テントも切妻型が多く、同じフレームを使用しますので、在庫を準備しており安価・スピーディーに施工できます。

メリット

  • 最もよく使われる形で、割安
  • ベンチレーターなどオプションを付けやすい
  • 結露しても壁際に流れやすい
  • 屋根が破れても補修がしやすい

デメリット

  • 屋根の面積が多いので、シート劣化が進みやすい
  • 屋根中央部(最も高い部分)が破れやすい
  • 熱が天井部にこもりやすい

どんな時におすすめ?

  • 価格を抑えたい
  • オプションを付けたい