ジャバラハウス

可動式!ジャバラハウス

ジャバラハウスとは?

側面がジャバラ状に伸縮するタイプのテント倉庫です。工場や倉庫に納まらない長い物や、クレーンを使って運ぶ重い物を保管するのに適しています。手動・電動で簡単に伸縮が可能で、荷量が少ない時は畳んでおく事ができるので、限られたスペースを有効に活用できます。壁が膜材料のテント倉庫だからできる、特性を生かしたユニークな商品です。

ジャバラハウステント倉庫の写真

ジャバラハウスのメリット

伸縮自在!

倉庫自体が伸縮するので、開口部の狭さや奥行きを気にする必要がありません。

縮めて
移動可!

重いものも、倉庫を縮めればクレーンで移動することができます。

スペースの
有効活用

搬入荷物が少ないときは縮めた状態で収納すれば、空いたスペースを駐車場など有効に使えます。

雨風対策
にも!

雨風がある日に作業したいなど、必要な時に屋内空間をつくることができます。

設置時の
制限緩和

縮めた状態で計算するので、設置時の建築面積が少なくて済みます。

ジャバラハウスが苦手な点

不燃膜は使用不可

構造上膜が折れ曲がるので、不燃膜を使用できません(ガラス繊維を使用しているため)

火に弱い

不燃膜が使えないので、延焼の恐れのある範囲への建築や、可燃物の収容はできません。

火災報知器の取付難

自動火災報知機の取り付けが困難な場合があります。(床面積が500㎡を超える場合は取付義務有のため、要相談)

こんな時にオススメ製品!

  • 荷物の量が変わるので、倉庫の大きさも合わせて変えたい
  • クレーンを使って作業したいが、倉庫の高さを抑えたい
  • 晴天時は屋外・雨天時は屋内として作業したい
  • 環境を変えて作業したいことがある(実験など)

伸縮率をご確認ください!

最大サイズ・最小サイズ

幅×高さ(m)※軒高4m 奥行(m) 伸縮率
Sタイプ 6×4.85 10~15 150%
Wタイプ 8×5 10~15 150%
Mタイプ 10×5.15 15~20 133%
Lタイプ 12×5.3 15~20 133%
XLタイプ 15×5.9 20~30 150%

伸縮の仕組み

事前に取り付けたレールに沿って蛇腹式にテントが伸縮します。自動、手動で伸縮できます。