スライドカーテン・芯材カーテン

屋内外OK! スライドカーテン・芯材カーテンとは?

テント倉庫の扉は、主に引き戸、アルミドア、シャッター、そしてカーテンです。
スライドカーテン・芯材カーテンは、倉庫の妻面のほぼ全幅をオープンにすることができ、広い間口をとることができます。
生地はテント倉庫と同じものから、採光性の高い透明なもの、防虫仕様などが選べます。

スライドカーテンの写真

どっちがいいの? スライドカーテンor芯材カーテン

スライドカーテン

スライドカーテンは、上屋や軒、庇の屋外と接する大きい開口部に適しています。 トラス構造とXバーにて風圧に強く、動きも軽快です。また、床面にレールを設けることで自由な開閉が出来ます。

メリット

強度がある。大きな間口に対応。

デメリット

芯材カーテンよりやや高価。レールの施工がいる場合も。

利用シーン

風が強くあたる入り口をカーテンにしたい。間口を広くして大きな機材を搬入したい。開閉をスムーズにしたい。

芯材カーテン

屋外、屋内の開口部を低コストで仕切ることができるカーテンです。
通常のカーテンは風で大きくバタついてしまいますが、芯材カーテンは芯材と落としピンにより風圧に耐える構造です。

メリット

低コスト。レールを敷かなくてもよい。

デメリット

スライドカーテンよりやや脆弱。高さ4mまでのみ対応。

利用シーン

カーテンタイプの入り口で、コストを抑えたい。手動で開閉するので軽くしたい。風で揺れないカーテンが欲しい。