片流れ型テント倉庫

片流れ型テント倉庫をお考えの方へ

片流れ型テント倉庫の、屋根の形による特徴

片流れ型テント

片流れ型テント倉庫とは
テント倉庫の中では最も特徴的な形の片流れ型。雨や雪を片方に流すことができるので、人が通る通路などを避けられ快適に使えます。 すでにある建物やひさし、上屋テントに並べるように建てることが多いです。

メリット

  • 片側にのみ雨や雪が流れるので、避けやすい
  • 屋根の面積が少なく、シートの劣化が防げる
  • 単純な構造なので雨じまいしやすい
  • ソーラーパネルを取り付けられる

デメリット

  • 雨どいを付ける場合、水がすべて一方に流れるので大きなものが必要
  • ややマイナーな形なので、場合によっては割高
  • 軒高を高い側で計算するので、天井が低くなる
  • ベンチレーターを付ける場合割高になる

どんな時におすすめ?

  • 既にある建物に並べるように建てたい
  • 雪が降る地域に建てたい
  • ソーラーパネルを取り付けたい